【運勢】Yamaの易占読解【各種鑑定】

古代東洋の占い、"易占"を用いて様々な事柄を鑑定してます

【各種占例】万が一東京ロックダウンする際に、備えておくべきものは?

皆様、こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

古代東洋の占い"易占"を用いて様々な事柄を鑑定しているYamaと申します。

 

猛威を振るうコロナウィルス。

私の住む地方ではそこまで感染者は出ていませんが、やはりピリピリした空気を感じます(考えすぎかもしれませんが・・・)

本日はそれに関するテーマとして「もし万が一、東京がロックダウンする際に、備えておくべきものはどんなものであろうか?」ということで読み解いてみました。

もちろん、私自身が知りたかったという理由もあります。

 

あくまでも私の読み解いた私見にすぎません。

現実になってほしくない状況を想定したものでもあります。

そのことをご承知頂いた上で、興味のある方のみご覧頂ければと思います。

 

 

月 己卯

日 丙寅

空亡 戌亥

帰妹の萃へ之く、を得ました

 

戌ー -父応   - -

申ー -兄身   -ーー酉

午ーーー官    ーーー

丑ー -父世   - -

卯ーーー才    - -巳

巳ーーー官    - -未

  帰妹      萃

 

結論から述べますと、

・自分の身を包んだり守ったりするもの

・移動に関するもの

・土地・建物に関するもの

をしっかり備えておいたほうが良さそうです。

 

例えばですが、防災用具や衣料品、布団。

車があるならガソリンは多めに入れておくとか、無いならば移動手段をしっかり考えておく。

乗り物の切符とか、せめて自転車とか。

建物という点では外部と遮断できる場所があればひとまず安心ですよね。

あとは土地という点が自分で読み解いておいて謎なのですが・・・(汗)

ふと浮かんだのは強制的な占有が行われるのかも、とか・・・

権利を証明できる書類を確認しておいたほうがいいかもしれません。

 

反対に食料品は普段通りで、ありすぎると意味がないかと思います

これは二つ解釈ができて

・慌てて人混みへ買いに走り、そこで感染する

・外へ出られず運動量が減るのに食べる量が増えることで、健康に影響する

となります。

 

また、金銭の消耗も避けられないかと思います

 

薬や医療品が行き届き効果を発揮するまで、かなりの時間を要すると見ます。

下手をすると年単位での可能性も覚悟したほうがよさそうです。

 

あと、更に強制力の高い"命令"的なものが検討されている気配があります

既に非常事態宣言がなされそうな状況ですが・・・

いずれにしても外出の制限される気配があります。

 

 

異様な事態であることは間違いないです。

だからといって慌てても何も良いことはありません。

今は必要最低限のことのみに日常を絞り、じっと耐えるときだと思います。

 

大げさかもしれませんが、まずは生きることが最優先。

生きていれば働くことも遊ぶこともできます。

あとは家族ですよね。自分は良くても家族が発病して万が一のことがあれば・・・

その悲惨さを想像すると、私でさえ怖くなります。

大抵のことは我慢しようという気になっちゃいますね・・・

ただ、守るために働くか、退くか・・・そんな選択を迫られる方もいることは重々承知していますが・・・

それでも、皆で協力してできる限り拡大を防いでいきたいという思いです。

どうすればいいか、難しくてイヤになりますが・・・何とか乗り切っていきましょう。

 

 

 

 

それでは、以下読み解きの理由に関して。

興味のない方はすっ飛ばして頂ければ。

 

備えたほうがよいものは"世=父"であり、自身を守ったり包んだりするものを象徴するため。

"応"にも父がついているので、よほど関係が深い。

 

食料品が普段通りのほうが良いのは、二爻の"才"変じて"官"となるため。

"才"は食べ物などを表すがこれが病を増長している。

日と月両方に同じエレメントの十二支が出ているので、流通は十分あると判断。

 

金銭が減るのは散財の"兄"が自身を表す"身"に付いて、かつ"進神"=次の十二支へと変わり強力なため。

よほどの散財の可能性を考慮する。

 

薬が行き渡らないのは象徴する"孫"が表れず、しかも空亡に当たるため。

年の十二支"子"に牽かれて姿を表すと思われるので、年単位で時間が掛かると判断。

 

命令という点はこの"帰妹"の陰陽を全て入れ替える(=錯卦)と、各家庭に命令を行き渡らせる形となるため。 

錯卦は裏側で進行している物事を表すとされています。

 

 

大まかですが、以上のような形です。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

それでは、本日はこの辺りで。

 

 

 

ランキングに参加しております

ぜひクリックして頂き、応援をよろしくお願い致します

 
その他・全般ランキング

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 

【占例】トランプ大統領の今年の運勢

 

皆様、こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

古代東洋の占い"易占"を用いて様々な事柄を鑑定しているYamaと申します。

 

本日は練習の意味合いも込めて、トランプ大統領の今年の運勢をみていきたいと思います。

春分の日を一年の始まりとする慣例もあり、ちょうどいいタイミングでもあります。

 

今回もスピリチュアルやエレメントの要素がありますので、そういったものに興味のある方、ぜひ最後までご覧下さい。

 

 

トランプ大統領の一年間の運勢は?

月 己卯

日 乙丑

空亡 戌亥

屯の中孚へ之く、を得ました。

 

 

子ー -兄    ーーー卯

戌ーーー官    ---

申ー -父    - ー

辰ー -官    - -

寅ー -孫    ---卯

子ーーー兄    ーーー

  屯       中孚

 

 

今回は個人の勢い="世"の部分を中心に見ていきます。

"寅=木"のエレメントが援護されるか、邪魔されるか、という点。

あとは大統領という仕事="官"の部分も見ていきます。

 

まず、世爻ですが月の十二支とは同じエレメンタル。

日の十二支からは援護がありません。

月の十二支からの援護というのは一時的なものと見るので、今はいいが月が変わると落ちてくると言えそうです。

ただ、この寅が卯へと変化していて、これは"進神"という吉象です。

十二支の次の干支へ進んでいる=勢いがよいと見るのですね。

 

この世爻を援護するのは、そのすぐ下の初爻"子=水"のエレメンタル。

木に水をあげて育てるイメージです。

こちらは月の十二支とは縁が無し。

日の十二支とは協力関係にあり、水面下での動きがありそうです。

大きな力はありませんが、陰から支える"縁の下の力持ち"といった存在が見受けられます。

世爻のすぐ下にいるというのもポイントですね。

 

逆に世爻の邪魔をしてくるのは四爻の"申=金"のエレメンタル。

金属で作られた斧で木を切り倒すというところ。

こちらは月の十二支とは縁無し。

日の十二支からは援護されていて、なかなかに力がありそうです。

ポイントは、この邪魔をするエレメンタルに世爻が自分からぶつかっていく様子が出ています

世爻の寅と四爻の申は向かい合う十二支で、お互いに刺激しあう関係です。

どちらも動きが無ければどうということもないのですが、今回は寅が動いていますね。

藪蛇をつつくというか、自分から落とし穴に落ちていくイメージでしょうか。

 

 

また、仕事を表すのは"官"の星。

これが"応"という世爻と結びつきの深い場所に付いているので、すぐに失職することは無さそうです。

ただ、この十二支の"戌"は空亡で、かつ自分のエレメントが動いてこの"戌"を邪魔しに行っています。

 

 

あとは、全体の雰囲気というか象形を出来事に当ててみると。

上部三つの爻で水や氷、邪魔を表し、下部三つの爻は動きや植物の芽を表します。

草木の芽が伸びたいけれど邪魔があり伸ばせない、停滞する。

屯という名前通りの形になっています。

 

変化した先は大きく見たときの火の形。

外面は派手でよろしくても、内側は空っぽ、火の車を表します。

 

これらをまとめてみると・・・

個人の勢いとしては停滞しているようにみえるが、悪くない。

しばらくは身近な支えもあって、大きな失敗はしなさそうである。

ただ、自身が耐え切れなくなって動いてしまうと、自分から災いを拾ってくる。

自分から仕事の邪魔をしてしまう。

外面ではいいことをいっていても、中身のない行動。

もしかすると、何か隠されていた文書による出来事が起こるかもしれません。

 

 

トランプ大統領はパフォーマンスが派手なので、動きも大きいですよね。

それによる失敗があるかないか・・・というところです。

 

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

では、本日はこの辺りで。

 

 

ランキングに参加しております

ぜひクリックして頂き、どうぞ応援をよろしくお願い致します

 


その他・全般ランキング

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 

【各種占例】アロマオイルの品質はいかに?

こんにちは。当ブログをご覧頂きありがとうございます。

古代東洋の占い"易占"を用いて様々な事柄を鑑定しているYamaと申します。

 

本日のテーマは"アロマオイルの品質はいかに?"ということで読み解いていきます。

自分に合う合わないもありますが、それ以前に"モノそのものとしてどうか?"というイメージですね。

道具の良し悪しを判断する占例となりますので、最後までご覧頂ければ幸いです。

 

なお、易占の性質上"陰陽"や"五行"といったエレメンタル・多少のスピリチュアル要素がありますので、そういったものが苦手な方はご注意頂きますようお願い致します。

 

 

テーマ アロマオイルの品質はいかに?

月 己卯

日 壬子

空亡 寅卯

頥の坤へ之く、を得ました。

 

 

寅ーーー兄   - -酉

子ー -父   - -

戌ー -才世  - -

辰ー -才   - -

寅ー -兄   - -

子ーーー父応  - -未

  頥      坤

 

 

今回はオイル="応"の部分として、その強弱をみていきます

道具を表す要素として"才"や薬・薬効として"孫"もあるかと思うですが、道具として使ってからの"働き"をみる面が大きい気がしました。

純粋に"モノ"としてみるなら、自分に応対している"応"をオイルとしていきます。

この決め方は人それぞれに考え方がありますので、あくまで一例として捉えて下さい。

 

その"応"ですが"子=水"のエネルギーです。

これは日の十二支と同じですね。一目見たところは良さそうに思えます。

ただ、この"応=子"が変化して"未=土"となっています。

これは土が水の流れをせき止め、また濁らせるので"回頭剋"といいます。

自ら運気を悪くするイメージです。

特に日の十二支がこの回頭剋になるのは、すぐにでも凶があるとされています

 

さらに、上には書いていないのですが、"応"には策謀や盗賊を表す神獣"玄武"や、"病"というまさに衰運を表す運勢がついています。

補助的に使う要素ではありますが、イヤな感じがありますね。

 

では、この"応"を援護して、イヤな感じを払拭する存在があるかといえば、そうでもない。

"応=子=水"を援護するのは"金"のエネルギーを持つ十二支なのですが、これが隠れていて"頥"の形には出ていません。

援護がなく、長続きしないモノと見ていきます

 

あとは、変化した先の"坤"が"六冲卦"であるという点も見逃せないポイントです。

六沖卦は物事がまとまらない、散る、無に帰るといったことを表します

オイルそのものがいずれ無くなることを表しているかもしれません。

 

違う視点から見まして、この"頥"という形は口を開けて食べ物を待っている形と言われています。

上下の陽を歯として、四つの陰を空っぽの口として見るんですね。

オイルというモノに、こちらの持ち物が全て飲み込まれる、と見ることもできます。

オイルって、それなりに値段がするものですし・・・のめり込むのは気を付けた方が良いと言えますね。

そして食い尽くした後は"坤"の地に帰る・・・何も残らない状態です。

こんな状態になってから後悔しないように、よく考えての行動が必要というところです。

 

総じて言えば、オイルの品質は良くない

表向きはいいことを謳っているが、実は裏側では良くない策謀や蝕むようなこと、紛争が起きている。

食らい尽くしたあとは何も残らず、まっさらな状態となる・・・

抽象的ですが、このようなことが言えそうです。

 

興味のあるものや使って効果のありそうなものって、お金やリスクを度外視して手を出したくなるものです。

しかしそんな時こそ、一呼吸して落ち着いて考えてみて下さい。

本当に来るべきものや合うものって、焦らずとも逃げていかないはずです。

もし離れていくのなら、それは違ったということではないでしょうか。

しっかり自分のタイミングを見計らって行動してこそ、未来や運勢は開けていくものです。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

それでは、本日はこの辺りで。

 

 

ランキングに参加しております

ぜひクリックして頂き、どうぞ応援をよろしくお願い致します


その他・全般ランキング

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 

【各種占例】椎名林檎さんの今後の展開

皆様、こんにちは。

当ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

古代東洋の占い"易占"を用いて様々な事柄を鑑定しているYamaと申します。

本日は最近話題に上がることの多かった一人の芸能人の方をテーマとさせて頂き、鑑定を行ってみました。

今回のようにしっくりくる結果が出ることはなかなか無いので、ご紹介したいと思います。

最後までご覧頂ければ幸いです。

 

なお、占いの性質上"エレメント"や"スピリチュアル"的な面がありますので、そういったことが苦手な方はご注意頂ければと思います。

 

テーマ  椎名林檎さんの今後の展開

月 戊寅

日 丙午

空亡 寅卯

坎の漸へ之く、を得ました。

 

子ー -兄世   卯---

戌ーーー官     ---

申ー -父     - -

午ー -才応   申---

辰ーーー官    午- -

寅ー -孫     - -

  坎        漸

 

あまり曲を聞いたことは無いのですが、声の感じや雰囲気・立ち振る舞いなどは個人的に好みのタイプのアーティストさんです。

なので、今回のことがあって今後どうなるかが気になり鑑定をしてみました。

 

まずは本人のことを見ていきますので、"世=子"を中心に置きます

この部分の強弱、また他の爻からの関係性を見て判断していきます。

 

この爻は日の十二支"午=火"と対立する形になっています。

月の十二支からは援護がなく、また"卯=木"へと変化して木に水をあげるようにエネルギーを漏らしています。

なので、力のない爻、勢いが衰えていると言えますね

 

この水を応援するのは四爻の"申=父"です。

ただ、こちらも日の十二支から阻害され月の十二支からもエネルギーをもらえません。

頼りになる存在がいない、もしくは弱いということが伺えます。

 

反対に水をせき止めるのは土、二爻と五爻の"辰・戌=土"です。

二爻は日の十二支から力を得て、かつ変化した先"午=火"から援護されています。

この二爻は民衆や一般人を示す爻なので、世間が活発に動き止めに来ます

また、五爻の方は"暗動"と言う、目立たない裏での動きを示しています。

この五爻は総理大臣や社長、上層部の爻なので、そういった上からの圧力が裏であったのでは・・・と疑われます

こちらに関しては推測になってしまいますが・・・あってもおかしくない状況ですよね。

 

他に注目する点としては、初爻の"寅"と上爻の変化した"卯"はイベントやパーティ=ライブを示します。

これが空亡となっているので、今後のライブが中止になったこともうなずけるところです。

 もう一つは、この"坎"という形自体が"六沖卦"という形であるということです。

六爻の十二支同士が対立しており、物事がまとまらない・障害などを表します。

まさに現在の状況を表していると言えそうです。

 

余談ですが、この"六沖卦"の反対の意味を持つ"六合卦"というものもあります。

まとまる・力を合わせて進む、という意味があるのですが、こちらはなかなか出てきません(汗)

六沖卦はときおり目にするんですけど・・・時が満ちるとき・いいタイミングというのはなかなか無い、ということなのかと思います。

 

 

違う視点から見まして、そもそもこの"坎"という形自体が非常に厳しい状況を示します

信念や誠実な心を持って行えば尊ばれる。しかしそれには大変な困難が伴う・・・

まさにそのような状況通りと言えます。

 

ただ、その"坎"の一番上に自身が来ているので、苦難の時は抜けつつあるでしょう。

しばらくは動きづらいでしょうが、やがてまた勢いが出てくるように思えます。

というのも、この変化した"漸"という形は一歩ずつ山の頂上を目指すように、次第に勢いが出てくる形だからです。

やり方や表現を変えて、再び上っていく姿勢が見えますね。

 

 

人が集まることを行う・・・そのことについての是非は何とも言えないのが本音です。

ただ、権力やマジョリティからの圧力で無理やり抑え込まれるといったことがもしもあるのなら、それはとても怖いことだと私は感じます。

 

生活している状況がどのように変化していくのか、もしくは意図的に変化させられようとしているのか・・・それを感じ取り、考えて、行動したい。

おかしいと思うことには、おかしいと言えるようであってほしい。

ということを、最近の動向を見て思うことであります。

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

本日はこの辺りで。

 

 

 

ランキングに参加しております

クリックして頂き、どうぞ応援をよろしくお願い致します

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 


その他・全般ランキング

【その他考察】コロナウィルスの裏で糸を引いているものは?

皆様、こんにちは。

当ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

古代東洋の占い"易占"を用いて様々な事柄を鑑定しているYamaと申します。

本日は猛威をふるっているコロナウィルスに関する見立てを行っていきます。

 

なお、今日の見立ては"陰謀論"や"スピリチュアル"といった要素が少々入ってます。

申し訳ないのですが、そういったものが嫌いという方はご覧頂くのを控えて頂きますようお願い致します。

 

それでは、読み解いていきましょう。

 

 

テーマ コロナウィルスの裏で糸を引いているものは?

 

月 戊寅

日 丁酉

空亡 辰巳

 

革の噬嗑へ之く、を得ました

 

未ー -官    ---巳

酉ーーー父    - -未

亥ーーー兄世   ---

亥ーーー兄    ー -辰

丑ー -官    - -

卯ーーー孫応   ---

 革        噬嗑

 

 

コロナウィルスを"官"として、それと他の爻・十二支との関連を見てみます。

また、この"官"を利用している存在はどんな性質かを見てみます。

 

まず、この"官=未"と四爻の"兄世=亥"、初爻の"孫=卯"の三つで三合木局です。

なんらかの存在がコロナウィルスと結びつきがあることを示していますね。

 

また、この初爻"孫=卯"は官を阻む役割=薬や医者、治療法を示すのが通例です。

卯=木のエネルギー、木局も当然木のエネルギーなので、ウィルスを阻む力が強いことを示します。

 

そして、この"孫=卯"から見ると"官=未"は道具や利益を表す才財に当たります。

このことから「すでに治療する方法を持っている存在が、道具としてウィルスを扱っている」と見ることができます。

 

また、この存在は初爻であり、病を表す官は上爻です。

遠く離れた場所からこれを扱っていると見るのが自然でしょう。

 

狙いは"革"、すなわち改めることが目的のようです。

特に一般層に向けての狙いが強そうです。

 

ただ、この狙いは完全には果たされず障害となるものは残るようです

噬嗑は口の中に異物のある形、かみ砕けない形です。

本来取り除きたかったのは、この残る世爻の四爻だったように思われます。

しかし、実際に結びついている=影響を及ぼせたのは近くの三爻だった。

そこでは官に化しているので、病の影響が大きい。

四爻は動かず耐えているので、収束へ向かう。

このような流れとなります。

 

また、メディアがこれだけ騒ぐのは、五爻の"父=酉"が強力に動いているからでしょう

父=文書や文字を表し、また病を示す官に化しています。

父=心労も示すので、必要以上に心配となることも伺えます。

 

 

今回の事案は死に至ることもある感染症なので、もちろん厳重注意が第一です。

それに加えて、表面上だけでない情報を私は大切にしています。

 

今日のような内容を証明する手段はありませんし、表に出ることもないでしょう。

そういった意味では、現実的に役に立たないことかも知れません・・・

それでも、読み続けていきたいと感じる今日この頃です。

 

 

最期までご覧頂き、ありがとうございました。

本日はこの辺りで。

 

 

 

ランキングに参加しております

ぜひクリックして頂き、応援をよろしくお願い致します

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 


その他・全般ランキング

【考察】今年の干支から個人が受ける影響について

皆様、こんにちは。ご覧頂きありがとうございます。

古代東洋の占い"易占"を用いて様々な事柄を鑑定しているYamaと申します。

 

本日は"今年度の干支をベースにして、どのようにエネルギーや物事が流れるか考察してみる"というテーマで見ていきたいと思います。

年明けから少々過ぎていますが・・・ちなみに、ここでいう「年明け」は旧暦で見てのことです。

そうすると、2/4が年明けとなりますのでそんなに過ぎていない・・・はず(汗)

 

なお、今回も実社会での出来事や世間的な金銭といった具体的な事柄にはお役に立てないかと思います

あくまでエネルギー・スピリット・運勢の流れという観点から考察していきます。この点をご理解頂いて、読み進めて頂ければ幸いです。

 

 

さて、それでは今年の干支ですが「庚」の「子」の年ですね。

この干支のエネルギーというのは、意識無意識関係なく地球上の誰もが受けています

それだけ影響力も大きいです。

そして、この干は天からのエネルギーを、支は地上でのエネルギーを示しています。

 

私はこれを「目に見えない部分、第六感や流れといったこと」と「地上やこの世界でおきる、五感で感じられること」と仮に分けて捉えています。

魂や精神面に関与する部分と現実の肉体や生活に関与する部分、といったイメージです。

 

では、これらがどう影響してくるのか。

 

庚=陽の金、子=陽の水というエネルギーを持っています。

例として・・・陽の金を物質に見立てると「斧」や「武器」となります。堅い金属ですね。

なので、それによって刈られる木や草、春といった要素を持っている方は精神的、魂的に攻撃を受けやすいと考えられます。

何をしていても虚しさや辛さを感じるなら、この影響かもしれません。

 

陽の水は激しい大河の流れです。

例として・・・これはどんな火でも消してしまい、また文明を飲み込みます。

火のエネルギーを持つ方は現実世界に於いて厳しい年となるかもしれません。

 

 

・・・と一例を挙げてましたが、では自分がどのエネルギーを持っているのか。

それが分からないと判断できませんよね。

一番分かりやすい方法は「ご自身の生まれた年の干支」を見て頂くことです。

(蛇足かもしれませんが、持っているエネルギーは以下の通り)

 

甲乙⇒木

丙丁⇒火

戊己⇒土

庚辛⇒金

壬癸⇒水

 

亥子⇒水

寅卯⇒木

巳午⇒火

申酉⇒金

丑辰未戌⇒土

 

これをベースとして、今年度の干支から受ける流れを見るのです。

先ほどのように仮に抽象化をしてその関係性から流れを判断するのですが、慣れていても難しい面があります。

ざっくりとですが、私の考察を記してみたいと思います。

 

天干

甲乙の方⇒魂的な攻撃を受けやすい。無意識に押さえつけられる

丙丁⇒金属を溶かして形を変えようとする。攻撃的になり満たされない

戊己⇒土から金が出るように、何かを生み出したあと。気力が減っている

庚辛⇒同じエネルギーが巡り、活発化する。何かをキャッチしやすいとき

壬癸⇒見えないバックアップを受け、流れに乗るとき。魂的に動き始めている

 

地支

亥子⇒同類の力があるので、パワーを得る。勢いに乗り過ぎないことも重要

寅卯⇒木が水を得て大きくなっていく。じっくりと力をつけるとき

巳午⇒水をかけられて勢いがないとき。耐える時間も必要と考える

申酉⇒何かを生み出してエネルギーが落ちてくる。いかに柔らかく着地できるか

丑辰未戌⇒水をせき止めるためにエネルギーを費やす。余計なものを抱えないこと

 

といった感じでしょうか。

天干のほうは見えない部分での出来事。

地支のほうはこの現実世界に於いて起こること。

そんなイメージで捉えて頂ければいいかと思います。

 

なお、干支以外にも自身のエネルギーを判断する方法として

九星気学

・ご自身の名前

・ご自身の特徴的な部分

などがあるかと思います。

正直なところ、私もまだまだ足りない部分ですので、「こうやって判断しています」という情報がありましたら、ぜひ教えて頂きたいです。

 

いかがでしょうか?

もちろん、これだけで全てとは言えませんが一つの材料になれば幸いです。

また機会があれば、別の視点からの考察もしてみたいと思います。

 

 

それでは、本日はこの辺りで。

 

 

 

ランキングに参加しております

ぜひクリックして頂き、どうぞ応援をよろしくお願い致します

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 

 


その他・全般ランキング

 

【各種占例】新型肺炎の由来や狙いは?

 

皆さま、こんにちは。。

古代東洋の占い“易占”を用い、様々な事柄を鑑定しているYamaと申します。

今日は‘’新型肺炎の由来は?狙いは?“というテーマで読み解いてみたいと思います。

 

ただ、今日の読み解きは”金銭“や”社会的名誉“や”恋愛“といった現世的な事柄には一切役に立ちません

そうではない、見えないエネルギーの流れやスピリット的な面...そういったものに興味のある方にご覧頂ければ、多少お役に立てるかもしれません。

なにはともあれ、とりあえず読み解いてみましょう。

 

月 戊寅

日 己卯

空亡 申酉

困の剥へ之く、を得ました。

 

父ー    ー未       ーーー子

兄ーーー酉       ー   ー戌

孫ーーー亥       ー   ー申

官ー   ー午        ー   ー

父ーーー辰       ー   ー巳

才ー   ー寅        ー   ー

       困                  剥

 

まず、病の発生源、由来は非常に火の強い性質です。

南の方、熱病を由来としていそうです。

また、これは自然発生だけではなく、何らかの意図的な物が裏にある感じがします。

病を表す“官”の部分に“玄武”という冷たい知性を持つ神獣がいて、しかもこの3番目の線は火の裏にある水の主役です。

表では分かりやすいよく燃える火のような騒ぎがあり、裏では冷静な統制がなされている。

そんな感じでしょうか。

 

また、目に入るのは、この形は一番上と一番下の陰爻(切れている線)に、家族を表す”家人“という形が挟まれている点です。

さらにここに病を表す”官“があり、親族を特に示す”父、兄、孫“も含まれています。

これらが陰へと変わり、大地を表す形となる。

集団をバラバラにするような狙いがあるのでは、と疑います。

 

また、“剥”という形は陽を侵食しながら陰が上ってきて、もう限界というところです。

一番上の陽は国の上部の人間を表し、侵食された陽はお金や一般人と見れます。

こういった事柄も隠されているのかもしれません。

 

ただ、強い点は父、兄、孫がそれぞれ変化した先のエネルギーから支えられているというところ。

なので、もし裏の試みがあったとしても簡単に倒れることはないでしょう。

 

とはいえ、これらを証明する手立ては正直ありません。

あくまで、エネルギーの流れから見立ててこういう形というだけです。

こんな考えもあるんだな、とどこかに置いて頂ければいつか役に立つかもしれません。

 

それでは、本日はこの辺りで。

 

 ランキングに参加しています

クリックして頂き、ぜひ応援をよろしくお願い致します

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 

 


その他・全般ランキング