星へと還る道~社会的な重さを手放して~

占星術と易経を活用して『狭い社会に囚われない生き方』を発信しております

5/13のヘリオセントリック・チャートを読み解いていく

皆様、こんにちは。

 

古民家カフェを運営しながら星の読み解きをしておりますYamaと申します。

 

明日5/13のヘリオセントリック・チャートを読み解いていきたいと思います。

 

中空・抽象世界の歩き方の地図。

 

奥の深い世界を少しずつ探求してまいります。

 

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

また、交互フォローも大募集中です。

 

ぜひよろしくお願い致します。

 

 

f:id:eki-yama:20210512214316j:plain

 

 

明日の地球ポイントはさそり座の数え23度。

 

そこに海王星が120度のトラインで入ってきます。

 

雑多なものを整理して、より深めて洗練した楽しみに向かうことが明日の地球のテーマとなる。

 

そのために海王星の夢や直感が大きな助けになる。

 

 

その地球ポイントに一番近い恒星は、へび座のα星ウヌクアルハイ。

 

蛇の首や頭を示す恒星です。

 

また、蛇は医術のために用いられる生き物とされ、医術を象徴する蛇使い座の手に持たれています。

 

他には、蛇や長いものというのは、点ではなく、流れ続ける意識存在を表したりもしていて、不死のイメージにもつながってきます。

 

 

海王星に一番近い恒星は、ペガスス座のα星マルカブ。

 

馬の背を表し、四辺形を構成する一つでもあります。

 

素早い動き、かつ定着させる。

 

馬の背でそれを乗りこなす。

 

 

 

 

地球にいながら肉体や点での存在を超える意識を目指すこと。

 

そのために夢や直感力を通して、どうにか定着させるように乗りこなしていく。

 

そのようなストーリーを作ってみるのはどうでしょうか。

 

 

 

ヘリオセントリックは地上に降ろさないほうが、むしろ力を発揮します。

 

社会内での行動や指針を決めるには、ジオセントリックで十分ですし、むしろそちらのほうが向いています。

 

中空・抽象世界での地図ということを忘れないようにして、ヘリオセントリックは読み解いていこうと思います。