星へと還る道~社会的な重さを手放して~

占星術と易経を活用して『狭い社会に囚われない生き方』を発信しております

明日4/28のジオとヘリオを繋げて読んでいく

皆様、こんにちは。

 

古民家カフェを運営しながら星の読み解きをしておりますYamaと申します。

 

明日4/28のジオとヘリオを読み解いていきたいと思います。

 

地上要素と抽象世界を繋げて読んでいきます。

 

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

また、交互フォローも大歓迎であります。

 

すぐには無理ですが、星の読み解きをしながら全国を周ってみたいと思っておりまして、その際には繋がっている方の元へお邪魔したいです。

 

星や占いに興味のある方、ぜひぜひよろしくお願い致します。

 

 

 

それでは、さっそくいってみましょう。

 

f:id:eki-yama:20210427212156j:plain

 

明日の配置図、ジオの太陽と土星天王星の部分に注目してみます。

 

ここが割とタイトなスクエア=90度に近いです。

 

 

太陽は牡牛座の9度。

 

物質を求めて終わりなき旅。

 

得るべきものを探し続けていく。

 

天王星は牡牛座11度。

 

人に迎合しないセンス。

 

時代を先取りする人。

 

 

土星水瓶座の13度。

 

新たな社会的価値観の開拓と普及。

 

長期目線で時代の流れを読むセンス。

 

 

既に変化を感じている集団に対して、急変化を促すことが明日の傾向となります。

 

 

ではヘリオは?

 

ジオの太陽はヘリオでは地球ポイントとなります。

 

明日の地球はさそり座9度。

 

改善・改革意志の終わりなき追及。

 

乗ってくる恒星はkhambalia。

 

乙女座の恒星で、意味は『曲がった爪』。

 

天王星は変わらず牡牛座11度。

 

近くの恒星はkaffaljidhmaやazha。

 

手や指先、細分化する要素、それらを川へ流し込み行き渡らせる。

 

土星水瓶座の8度。

 

ここは架空の実験場。

 

ジオで感じていた新たな気配は、この実験場で行われていたことだった。

 

そこへ乗ってきていた恒星はoculusやbos。

 

牛や目といった意味を持つ山羊座の星。

 

 

これらをアスペクトで結びます。

 

自らへ曲がってくる爪の意志に沿って、自己改革を徹底的に行う。

 

しかし、それを目に見える形にせよという土星意志がやってきて、架空の実験場で披露する。

 

その後、実験場で納めておくのはどうかと天王星がやってきて、壁に穴をあけて、川が流れていくように、隅々まで成果を伝えていく。

 

 

抽象世界での目的はこのように流れているようです。

 

地上で変化を薄々察知している人は、やはり天上での実験を行っていた。

 

目に見える世界だけでないところまで探索範囲を広げていくことも、今の時代には必要なのではないでしょうか。

 

それこそが、魂や本質部分の成長、磨くことになるかと思います。