星へと還る道~社会的な重さを手放して~

占星術と易経を活用して『狭い社会に囚われない生き方』を発信しております

2/25の天体図を読み解いていく

皆様、こんにちは。

 

古民家カフェを運営しながら星の読み解きをしておりますYamaと申します。

 

明日2/25の星の配置図の読み解きをしていこうと思います。

 

興味持って頂ける方、最後までご覧頂ければ幸いです。

 

 

それでは、さっそくいってみましょう

 

f:id:eki-yama:20210224191227j:plain

 

明日の月は獅子座の数え9度。

 

着地しない自己主張を、ひたすらに増大させていきます。

 

感情表現の過剰さは誰に咎められるものでもありません。

 

自身のスタイルを貫き続ける日、と考えましょう。

 

 

ここに土星の180度と天王星の90度が入ってきます。

 

この二つの天体は枠とそれを破るものという関係性。

 

自己主張を社会に向けて延々と発しますが、突如その感情が分離して冷静になりそうです。

 

我に返る、というような変化の仕方を体験するかもしれません。

 

 

ほかに目立つのは火星と冥王星の120度。

 

これはガス欠のない火炎放射器でしょうか。

 

いくらエネルギーを使ってもなくならないのです。

 

そのためにいくら何かをしても満足できないかもしれません。

 

壊れたように動き続けるという、矛盾したパワーを再現します。

 

 

あとは太陽と天王星の60度もありますね。

 

遠方の人からの支援で、目的が達成できる。

 

一人で独立すると、人生のテーマに向き合える。

 

90度は急激ですが、60度はレスポンスのよい生産性です。

 

天王星が示す独立や遠方を活用すると良いのです。

 

 

 

あと、私事ですが、占星術の講座を始めるべく資料の用意をしています。

 

これが予想以上に楽しいです。

 

改めて本を読み返すと、今だから理解できることがたくさんあります。

 

そういえば、と思い出すこともたくさんあります。

 

それをまとめて講座の資料にしつつ、自分の星読みのお伝えにも役立つ。

 

皆様も何か伝えられそうなことをお持ちなら、ぜひやってみることをお勧めします。

 

人のためでもあり、自分の成長のためにもなります。

 

いずれその成果もブログでご紹介したいと思いますので、そちらもご覧頂ければ嬉しいです。

 

それでは。